会社案内|株式会社第一金属製作所|精密板金・レーザー加工・金属プレス金型製作・金属プレス部品加工

会社案内

GREETING ご挨拶・経営理念

画像
代表取締役社長 福田敏明

創造型企業を目指して

皆様こんにちは。
世界の技術革新は日々向上し新しい製品が生まれております。
その技術に追いついていくのも、我々中小企業の役目と自負しております。
その為に的確な情報を入手し、社員教育の向上を通して、ひとりひとりのスキルUPを計り、独自の技術開発によってひとつひとつクリアして邁進していかなければなりません。
社員同士のコミュニケーションをしっかり取り、お客様第一主義を徹底して行動していきたいと考えております。
フェイク情報に惑わされることない様しっかりした経営基本計画を作り、社員と共に100年企業を目指して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

経営理念

倫理経営を企業の土壌に、お客様に喜ばれるものづくりを追求し、社員の物心両面の幸福を願い、社会の進歩発展に貢献できるCSR経営を創ります。

経営方針

高精細の進む製品分野において、社員およびパートナーの総力を結集し、スピードとチャレンジ精神をもって、 製品の高品 質化、低価格化、高精度化を実現し、顧客満足および収益の増大を図ることにより、社会への貢献を実現する。

企業スローガン

「私たちは、100年先を目指す企業を創造します」
「私たちは、精密板金業のリーディングカンパニーを目指します」
「私たちは、明朗・愛和・喜働を実践します」

ABOUT US 会社概要・アクセスマップ・沿革

会社概要

会社名
株式会社第一金属製作所
本社工場
埼玉県さいたま市西区指扇374番地 →アクセスマップ
電話:048-624-2873 FAX:048-623-6165
資材物流センター
埼玉県さいたま市西区峰岸73-1番地 →アクセスマップ
電話:048-625-7788 FAX:048-620-1652
創立
1970年4月
資本金
1,000万円
従業員
35名
事業内容
■精密板金加工
■レーザー加工
■金属プレス金型製作
■金属プレス部品加工
■各種試作製作
製造部門
・医療器、コンピューター周辺機器、通信機、
・半導体製造装置部品、
・コピー機等の精密板金およびプレス加工部門
生産部門
・医療器、通信機のアッセンブリ部門
・登録証 登録番号「東 第5619号」
・事業区分「小型単相変圧器類製造事業」
・登録番号「東 第4732号」
・事業区分「光源応用器具製造事業」
・開発部門 設計・開発
関連会社
ハンズリミッテドコーポレーション
所在地 さいたま市西区指扇374番地
電話:048-623-4670 FAX:048-623-6165

有限会社福田金属製作所
取引銀行
埼玉りそな銀行 大宮西支店
埼玉県信用金庫 三橋支店
東和銀行 大宮支店
武蔵野銀行 指扇支店
所属団体
・(公財)埼玉県産業振興公社
・(公社)大宮法人会(支部長)
・(一社)大宮地区労働基準協会(理事)
・さいたま商工会議所(議員)
・さいたま商工会議所青年部
・さいたまビジネスネット(名誉会長・副会長)
・彩の国工場振興協議会(会員)
・大宮北ライオンズクラブ
・さいたま市大宮区倫理法人会(相談役・会員)
・埼玉県シートメタル工業会(相談役)
・大宮西地区防犯協会(専務理事)
・大宮地区警察友の会(理事)
協力会社
プレス金型製作会社 5社
機械加工会社 5社
鍍金・熱処理会社 8社
塗装会社 5社
シルクスクリーン印刷会社 2社
取引先企業
約50社(上場会社7社含)
顧問税理士
川中会計事務所 税理士:川中宣治
顧問社労士・中小企業診断士
原口社会保険労務事務所 社会保険労務士/中小企業診断士/ITコーディネーター:原口健

アクセスマップ

本社工場へのアクセス

所在地

株式会社第一金属製作所 本社工場
〒331-0047
埼玉県さいたま市西区指扇374番地
TEL:048-624-2873 /FAX:048-623-6165

交通アクセス

電車でお越しの場合は、JR大宮駅西口より4番乗り場
「西遊馬行き」または「川越グリーンパーク行き」で東五味貝戸下車

会社沿革

1970年(昭和45年)
埼玉県大宮市に於いて有限会社第一金属製作所を設立。
板金加工業務を開始する。
1981年(昭和56年)
NCTタレットパンチプレス1号機を導入。
1986年(昭和61年)
有限会社を株式会社第一金属製作所と改める。
1988年(昭和63年)
タレットパンチプレス2号機を導入。
1990年(平成2年)
工場拡大及び新事業所建設。
1991年(平成3年)
レーザー加工機導入。
1997年(平成9年)
ASIS100ネットワークシステム導入。
大宮市峰岸に資材センターを建設。物流部門を同所へ移転。
1998年(平成10年)
CNC三次元測定器導入。
1999年(平成11年)
パンチ・レーザー複合加工機導入。
2001年(平成13年)
ISO14001環境マネジメントシステム認証取得。
彩の国工場指定を受ける。
2005年(平成17年)
生産管理システム導入。
2007年(平成19年)
中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の9条第1項
の規定に基づき、埼玉県知事より承認を受け、経営革新計画
承認企業となる。
2008年(平成20年)
ISO9001品質マネジメントシステム認証取得。
新社屋完成。
パンチレーザー複合加工機 アマダEML-3510NT導入決定。
棚付素材供給製品搬出システムASR-48M導入
高精度ベンダー加工機HDS5020NT導入
2012年(平成24年)
中国ビジネス事業 本格スタート(合併会社 奉櫻精工)
最新悦パンチ・レーザー複合加工機LC2012C1NT導入
ベンダー加工機FMBⅡ3613導入
さいたま市CSRチャレンジ企業認証取得
2013年(平成25年)
YAGレーザ溶接機YLM-500PⅡ導入
2016年(平成28年)
バリ取り機 メタルエステ ME-2307導入
2016年(平成28年)
高精度ベンディングマシンEG6013、2台導入

取締役のご紹介

福田 辰弥

相談役 福田辰弥

1970年に㈲第一金属製作所を創業。
創業当初は、大切な人たちを守りたい一心で、営業、製造、財務等全てやり、6人と少人数ながら会社の土台を作ってきた。

1996年に息子の現代表取締役社長福田敏明と交代、取締役会長に就任。
2018年4月に取締役会長を辞任し、相談役となる。
画像

取締役専務 福田直貴

2000年に第一金属製作所に入社。ブランクから曲げ、溶接、仕上げまでの現場を17年経験し営業職に転向し専務就任。これまでの経験を生かしたものづくりの提案型営業を展開中。 

趣味はサッカー、サッカー、サッカー、ゴルフ(月1程度)。基本的に身体を動かしてないと気が済まない。 サッカーでは社会人チーム、シニアチーム、商工会青年部サッカー部に所属。
画像

取締役常務 町田浩之

1998年に第一金属製作所に入社、前職を活かし社内オフコンシステムの2000年対応を自力で改修、その後の生産管理新システム立ち上げと品質管理に従事し2019年に常務就任。高品質な製品提供実現ため社内外を飛び回っております。

趣味は、レコード鑑賞、読書、園芸(最近)、マラソンはサブ4ランナー。

ORGANIZATION CHART 組織図

組織図

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。